大麻取締法違反の罪に問われた長崎市の38歳の元中学教諭の初公判が長崎地裁で開かれました。検察は懲役6か月を求刑しました。
起訴状などによりますと精道三川台中学校の元英語教諭瀬戸口元被告(38)は、2月27日(火)、長崎市の自宅で、砕いた乾燥大麻0.299gを所持した罪に問われています。 瀬戸口被告は今年2月、大麻取締法違反の容疑で現行犯逮捕され、3月に学校から懲戒免職処分を受けました。初公判で瀬戸口被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
検察は冒頭陳述で瀬戸口被告は高校時代、アメリカに留学した際、初めて大麻を使用し、精道三川台中学校に務めていた2022年の夏以降、6回から7回にわたり知人から大麻を購入して週に3~4回使用していたと指摘しました。
被告人質問で瀬戸口被告は、大麻使用のきっかけについて、「約3年半前に離婚し、娘と会えなくなったことや、仕事で大きなミスを犯し、苦しみから解放されたかった」 (24/5/8 NCC)
長崎市にある私立中学校の38歳の教員が自宅で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、長崎市にある精道三川台中学校の教員、瀬戸口元容疑者(38)です。
警察によりますと、先月27日、長崎市下西山町の自宅で乾燥大麻を持っていたとして大麻取締法違反の疑いが持たれています。
警察が情報を得て自宅を捜索したところ、部屋の中から少量の乾燥大麻が容器に入った状態で見つかったということです。
警察の調べに対し「大麻を持っていたことに間違いない」と容疑を認めているということで、警察が入手経路などを詳しく調べています。 (24/3/4 NHK)
警察によりますと、瀬戸口容疑者の大麻についての情報を受けて、警察が2月27日に 自宅を捜索したところ、若干量の乾燥大麻が見つかったということです。
瀬戸口容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。
精道三川台中によりますと、瀬戸口容疑者は2017年に教師として採用され、英語の授業を担当していましたが、これまで勤務態度などに問題はなかったということです。(テレビ長崎)