米沢市の中学校に勤務する26歳の教諭が16歳未満の少女にわいせつな行為をさせた上、その映像を携帯電話に送信させるなどしたとして、不同意わいせつなどの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、米沢市立第一中学校の教諭、蛭田大和容疑者(26)です。
警察によりますと、教諭は去年8月ごろ、県内に住む10代の少女が16歳未満であることなどを知りながら、わいせつな行為をさせた上、SNSのメッセージ機能で、行為を撮影した映像を携帯電話に送信させるなどしたとして、不同意わいせつなどの疑いが持たれています。
警察によりますと、調べに対し容疑を認めているということで、警察は教諭と少女の関係やいきさつなどを詳しく調べています。(24/2/9 NHK)
蛭田容疑者はこの学校に勤務して2年目で、2年生の担任や野球部の顧問を務めていました。 (テレビユー山形)