2月3日夜、新潟県糸魚川市の糸魚川警察署で中学校の男性教師が暴れ、女性警察官に暴行を加えたとして現行犯逮捕されました。
公務執行妨害で現行犯逮捕されたのは、糸魚川市立糸魚川中学校に勤める陸川善太容疑者(39)です。
陸川容疑者は3日午後10時半前、糸魚川警察署で、陸川容疑者自ら起こした傷害事件に関する事情聴取をしていた女性警察官に対し、右顔面を殴打する暴行を加え、職務の執行を妨害しました。
警察によりますと、陸川容疑者は酒に酔った状態で暴れ、暴言なども吐いていたということです。
警察の調べに対し、陸川容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。(24/2/4 NST)
公務執行妨害の疑いで逮捕されたのは、糸魚川市立糸魚川中学校の教員の男(30代)です。
市や警察によりますと、男は3日夜、酒に酔った状態でタクシーに乗車しましたが、運転手とトラブルになり、そのまま糸魚川署に行きました。
その後、タクシーから降りるよう促した警察官に対し、右の顔面を殴る暴行を加え、職務の執行を妨害した疑いが持たれています。警察官にケガはありませんでした。(テレビ新潟)
警察が詳しく話を聞こうとしたところ、暴れたり、暴言などを繰り返し、さらに女性警察官の顔を殴ったことから現行犯逮捕されました。女性警察官にけがはないということです。
当初は泥酔し話を聞けずにいましたが、一夜明けて、中学校教師と身元が判明しました。
一連の経緯については「覚えていない」と話しているということです。(新潟テレビ21)