警察によりますと、藤沢容疑者は2021年5月ごろから2024年1月ごろにかけて、福井市内の自宅で、県内在住の10代男子に対しわいせつな行為を複数回行い、その様子をスマートフォンで撮影し、保存した疑いが持たれています。
今回の事件を含めて、藤沢被告から被害を受けた男子は4人に上り、いずれも容疑を認めているということです。
被告と4人の男子はいずれも面識があり、警察は犯行に至った経緯や動機を調べています。(24/3/4 福井テレビ)
あおぞらスポーツスクール 福井県下最大のサッカースクール代表、サッカークラブ、野球スクール
多くのスポーツスクールで経験を養い、心理カウンセラーの資格取得
福井県警福井署と県警捜査1課、人身安全・少年課は2月19日、強制性交と児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで福井県福井市のサッカースクール経営の男(31)=不同意性交罪で起訴済み=を再逮捕した。逮捕は3度目。
再逮捕容疑は2022年5月ごろから23年3月ごろまでの間、複数回にわたり自宅で県内の10代男児にわいせつな行為をし、スマートフォンで撮影して保存した疑い。(24/2/20 福井新聞)
福井市の自宅で、男子児童に性的暴行をしたとして逮捕されたスポーツスクールの経営者が、ほかの男子児童にも性的暴行をしたなどとして再逮捕されました。
再逮捕されたのは、スポーツスクール経営者の藤沢勝己容疑者(31)で、警察の調べによりますと、去年10月から12月かけて、自宅で10代の男子児童に、複数回、性的暴行をした上、その様子をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。
警察の調べに対し、経営者は「自分のしたことに間違いない」と容疑を認めているということで、警察はいきさつを詳しく調べています。
経営者は、別の男子児童に性的暴行をした疑いで1月9日に逮捕されていて、検察は29日付けで経営者を起訴しました。(24/1/29 NHK)
県内に住む男子児童にわいせつな行為をしたとして、警察は福井市の30代のスポーツスクール経営者の男を逮捕しました。
不同意性交等の疑いで逮捕されたのは、福井市のスポーツスクール経営、藤沢勝己容疑者です。
藤沢容疑者は、去年10月下旬、自宅で県内の小学校に通う男子児童1人にわいせつな行為をした疑いが持たれています。
男子児童の関係者から被害届を受けた警察が捜査を進め、9日、逮捕しました。
藤沢容疑者は行為自体は認めていますが、「スキンシップのつもりだった」と話しているということです。(24/1/9 福井テレビ)