千葉県の高校教諭の男が、男子高校生にみだらな行為をしたとして逮捕されました。
埼玉県の青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されたのは、千葉県立東金商業高校の教諭・住田康介容疑者(32)です。
住田容疑者は去年8月、埼玉県春日部市内のショッピングセンターの駐車場で当時16歳の男子高校生の下半身を触るなどのみだらな行為をした疑いがもたれています。
警察によりますと2人はSNSを通じて知り合い、面識はなかったということです。
住田容疑者は容疑を認めているということで、警察は余罪について調べています。(22/8/16 TBS)
逮捕容疑は昨年8月15日、埼玉県春日部市にあるショッピングセンターの駐車場の車内で、当時16歳だった埼玉県に住む高校の男子生徒の下半身を触るなどした疑い。
署が茨城県青少年健全育成条例違反で逮捕した別の容疑者を捜査する過程で、今回被害にあった男子生徒に話を聞いたところ、住田容疑者が浮上した。(産経新聞)