京都市立高校の講師の男が女性の家に忍び込み、下着を盗んだ疑いで逮捕されました。
窃盗などの疑いで逮捕されたのは京都市立京都工学院高校の常勤講師、木村英樹こと崔英樹容疑者(45)です。
崔容疑者はことし3月26日午前0時過ぎ、京都市左京区に住む女性(25)の自宅に忍び込み、女性の下着1点を盗んだ疑いが持たれています。
警察によると、崔容疑者と女性に面識はありませんでした。
当時女性は不在で、ベッドで寝ていた同居人が、部屋の中で下着を物色する物音に気付き、崔容疑者は走って逃げたということです。 警察が防犯カメラの映像などから捜査を進め、逮捕に至りました。
調べに対し崔容疑者は「行ったような覚えはあるが、何をやったのかなど覚えていない」と容疑を否認していて、警察は余罪を含め捜査しています。(22/7/7 関テレ)
逮捕容疑は、3月26日午前0時10分ごろ、左京区の大学院生女性(25)宅に侵入し、衣装ケースから下着1枚を盗んだ疑い。(京都新聞)