弘前市内にある高校の女子トイレに侵入したとして、警察は犯行時、この学校に教員として勤務していた51歳の男を逮捕しました。
逮捕されたのは、自称・無職 阿部義也(あべ・よしや)容疑者51歳です。
警察によりますと、阿部容疑者は6月15日正午ごろ、弘前市内にある高校の女子トイレに侵入した建造物侵入の疑いが持たれています。
侵入するところを目撃した学校関係者から申告を受けた弘前警察署が捜査したところ、容疑が固まったとして、17日逮捕しました。
調べに対し、阿部容疑者は容疑を認めていて犯行時、この学校に教員として勤務していて、逮捕された時点では退職したと供述しているということです。
警察は盗撮目的で侵入した可能性もあるとみて、さらに調べを進めています。(22/6/17 ATV)
男性容疑者は、事件当時、同校の教員だったという。侵入したのは15日正午ごろで、学校関係者が発見したという。
学校は登校日で、男性容疑者も勤務日だった。同日、学校関係者が同署に被害を申告した。(東奥日報)