岩手県教育委員会は16日、寄宿舎で入浴中の女子生徒に対し、浴室の扉をたたいて呼び出そうとしたり、授業中に男子生徒に「性欲強そうだな」と発言したりするなど不適切な言動を繰り返したとして、県立岩泉高(岩泉町)の藤原奨教諭(45)を懲戒免職処分にした。
県教委によると、同校に赴任した2020年4月から22年3月にかけて、生徒の容姿について「チンパンジーかと思った」と言ったり、体罰関連のアンケートに「書くなよ」と発言したり、24件の不適切な言動を行った。
さらに、女子生徒の下着に関する発言をするなどのセクハラがあった。(22/5/16 北國新聞)
生徒に対し「チンパンジーかと思った」、「学校辞めろ」などと合わせて24件の不適切な言動をしました。
また授業中、一部の男子生徒に性的な発言をしたり、清掃時間中の女子生徒1人に対し下着のことについての発言したりして強い嫌悪感を与えるなど、複数の生徒にセクハラ行為を行いました。
さらに職員室で管理職や同僚の教員に対して「チクった教員を許さない」などと発言し、日常的に威嚇や恫喝する言動を繰り返していました。
県教委に対し教諭は「校長の注意を素直に聞けなかった。大変申し訳なく思っています」と話しているということです。
また県教委は16日、盛岡教育事務所管内の中学校に務める20代の男性教諭を戒告処分にしました。
男性教諭は今年3月に盛岡市内の路上で、泥酔した状態で複数の乗用車のボンネットに乗り、ワイパーなどを壊しました。(IBC)