知人女性の車を追跡し、「電話をとって」と書いた付箋を窓ガラスに貼るなどしたとして28日、名古屋市立中学校の教頭の男が強要未遂の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、名古屋市瑞穂区にある市立田光中学校の教頭・松岡孝久容疑者(54)です。
松岡容疑者は、知人の30代の女性が運転する車を緑区から知多市まで追い回した上、信号待ちで停車中に女性の車の窓ガラスに、「電話をとって」と書いた付箋を貼るなどしたとして、強要未遂の疑いがもたれています。
女性が警察署に駆け込み事件が発覚しました。
松岡容疑者は、「脅すつもりはないですし、命令したつもりもない」などと容疑を一部否認しています。(22/4/29 中京テレビ)
松岡容疑者は27日夕方、40分間にわたって執拗に30代の知人女性が運転する車を緑区から知多市内まで車で追いかけ、信号待ちで停車中に「でんわとって」と書いた付箋を窓ガラスに貼ったり「コンビニでもええで止まれ」などと携帯電話でメッセージを送ったりした強要未遂の疑いが持たれています。
女性が知多警察署に駆け込んで被害を訴え松岡容疑者はそのまま逃げたということです。
松岡容疑者は調べに対し、「違うところがあります」と容疑を一部否認しているということです。
また女性は松岡容疑者について以前、別の警察署に同様の被害を相談していて警察が詳しい経緯を調べています。(CBC)
数学