新潟県教育委員会は25日付けで、教職員3人に対して懲戒処分を行った。
1人目は、県立長岡高等学校の石崎卓教諭(47歳)で免職処分となった。
信用失墜行為は住居侵入で、昨年8月、長岡市内のアパート1階のバルコニーに侵入し、昨年8月24日に住居侵入の疑いで逮捕された。また、事件当日は自宅で飲酒した後、事件現場まで自転車を運転していた。
なお、石崎教諭は昨年9月14日に起訴され、同日罰金10万円の刑事処分を受け、罰金を納付した。
2人目は下越地方の高等学校男性教頭(50歳代)。 処分は停職6か月で、信用失墜行為はセクシャル・ハラスメント。昨年10月、女性教員と飲食をした後、この女性職員の手を握るなどの行為を繰り返したほか、スマートフォンを使用して女性職員を無断で撮影した。このことにより、女性職員に強い精神的ショックを与えた。
3人目は、中越地方の高等学校男性教諭 (50歳代)。 処分は戒告で、信用失墜行為は個人情報紛失。昨年12月、生徒26人分の答案綴りを保管場所として指定されたロッカーから持ち出し、別のロッカーに移動させた際施錠せず、その後の管理も怠るなど不適切な管理を行い、答案綴りの紛失を招いた。(22/1/25 にいがた経済新聞)
石崎教諭は去年8月、長岡市内で男女が暮らすアパートのバルコニーに侵入したとして逮捕され、その後、罰金10万円の刑事処分を受けていました。
被害に遭った女性は過去にこの教諭の自宅のそばに住んでいて、教諭は女性の顔を知っていたということです。(BSN)
警察は24日、住居侵入の疑いで長岡市に住む新潟県立長岡高校の教師の男(47)を逮捕しました。
男は8月12日午後6時ごろ、長岡市内のアパートのバルコニーに侵入した疑いが持たれています。
警察によりますと、この部屋は20代の男女が住んでいる部屋で、女性が帰宅した際に人がいる気配を感じバルコニーを見たところ、男の侵入を確認。
「バルコニーに人が侵入していて、その後逃げた」と警察に通報したということです。
男とこの部屋に住む男女に面識はないということです。
男は「私がやったことに間違いないです」と容疑を認めていて、警察が犯行の動機や余罪などについて調べています。(21/8/24 NST)