盗撮容疑で逮捕された山梨県の中学校教諭と、児童の個人情報を売ろうとした小学校の教諭が懲戒免職処分となりました。
懲戒免職処分となったのは富士吉田市立吉田中学校の駒井隆浩教諭(41)と市川三郷町立上野小学校の江本瑞樹助教諭(27)です。
駒井教諭は1月、学校の駐車場で女子高校生をスマートフォンで盗撮したとして警察に逮捕され、江本助教諭は1月、児童名簿をSNS上で知り合った相手に売ろうとしたということです。
県教育委員会によりますと2人とも認めているということで、処分理由については公務員の信用を失墜させたなどとしています。(22/2/28 UTY)
山梨県市川三郷町教育委員会は31日までに、町立小学校の20代男性教諭が金銭を得る目的で、勤務先の児童29人分の名簿をSNSで知り合った相手に漏えいしたと公表し、謝罪した。
教諭は「金に困っていた」と説明しており、処分を検討する。
町教委によると、教諭は1月24日、ツイッター上で知り合った個人間融資をうたう相手から「児童の個人情報を買う」と持ち掛けられ、児童の氏名や住所、電話番号などが掲載された名簿を撮影し、ダイレクトメッセージで送信した。
同27日に発覚。教諭は金銭を受け取っていないという。(22/1/31 共同)
町教育委員会によると、相手は「個人間融資」をうたうツイッター上のアカウントで、教諭からダイレクトメッセージで連絡を取った。両者に面識はないという。
今月24日に「児童の個人情報を買う」と持ちかけられ、応じた教諭はパソコンからダウンロードした児童名簿を印刷してスマートフォンで撮影、相手に送信した。名簿は教諭が勤める学校の3、4年生の29人分(読売新聞)

車場に停めた車の中から女性のスカート内を撮影したとして、山梨県富士吉田市内の中学校教諭が逮捕されました。
県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕されたのは、富士吉田市内の中学校教諭・駒井隆浩容疑者41歳です。
県警によりますと、駒井容疑者は去年12月22日、勤務する富士吉田市内にある中学校の駐車場に停めた車の中から歩いていた女性のスカート内をスマートフォンで撮影した疑いがもたれています。
駐車場と歩道には段差があり、駒井容疑者は車の窓からスマートフォンを差し出して盗撮行為をしていたということです。
駒井容疑者は容疑を認めていて、警察で余罪についても詳しく調べています。(22/1/24 UTY)
県警によると、駒井容疑者は先月22日、勤務する中学校の駐車場の車内から上の道を歩いていた女子高校生のスカート内をスマートフォンで撮影した疑いだ。
勤務の空き時間に犯行に及んでいたとみられ、調べに対し「欲求を満たしたかった」などと容疑を認めているという。(YBS)