横須賀市内の公立中学校総括教諭 梅田朋成(45歳、男性)は、令和3年7月15日(木曜日)、女性に対し、電車内において、デジタルカメラにより、スカート内を盗撮するなどした。(神奈川県)
神奈川県教育委員会は23日、勤務校内で盗撮をしたとして横浜市内の県立高校の男性教諭(28)と、電車内で盗撮をした横須賀市立中学校の男性総括教諭(45)をそれぞれ懲戒免職処分とした。
県教委によると、男性教諭は10月23日、横浜市内の勤務校の女子更衣室でスマートフォンを使って女性教員を盗撮した。
7月22日に部活動の更衣室として活用されていた教室内や、9月には女子トイレ内でも盗撮した。10月の盗撮行為の際、女性教員が被害に気が付き、発覚した。
男性教諭は「学校でうまくいかないことなどがあって落ち込んだときに盗撮をしたくなってしまった」と話したという。
男性教諭は県迷惑行為防止条例違反の疑いで、今月9日に横浜地検に書類送検された。
男性総括教諭は1月~7月にかけて、出勤途中の電車内で、デジタルカメラをスカート内に差し向け、下着などを盗撮した。
7月15日に県警の事情聴取を受けて発覚。県迷惑行為防止条例違反の疑いで、今月10日に横浜地検横須賀支部に書類送検された。(21/12/23 カナロコ)
県教委によりますと、28歳の男性教諭は、ことし10月、勤めている学校でスマートフォンを使い、更衣室にいた女性職員を盗撮するなどしたということです。
県教委の聞き取りに対し、男性教諭は「学校でうまくいかないときに盗撮してしまった」などと話しています。
また、45歳の男性教諭はことし1月頃から7月まで、京急線の電車内で、複数の女性のスカート内をデジタルカメラで、盗撮するなどしたということです。
この男性教諭は「つい盗撮したくなった」などと話しています。 (テレビ神奈川)