6日、飲食店で男性客の顔を殴り、けがを負わせた疑いで、長野県須坂市の中学校に勤務する教員の男が傷害の疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、須坂市の中学校に勤務する小林央容疑者(31)です。
警察によりますと、小林容疑者は先月7日未明、須坂市内の飲食店で31歳男性の顔を殴るなどの暴行を加え、顔面骨折などの重傷を負わせた疑いです。(21/12/6 長野放送)
逮捕されたのは長野市に住み、須坂市立墨坂中学校に講師として勤務する小林央容疑者です。
警察によりますと、この講師は先月7日未明、須坂市の飲食店で客としていた市内在住の31歳の男性の顔などを殴り、顔の骨を折るなどの大けがを負わせたとして傷害の疑いが持たれています。
調べに対し、この講師は容疑を認めているということです。
警察によりますと、この講師と被害者には面識はなく、席が近かったことから一緒に飲食をするようになったということで、警察は詳しい当時の状況や経緯を調べています。(NHK)
長野県警は6日、スナックで居合わせた男性を殴るなどしてけがを負わせたとして、傷害容疑で、須坂市内の中学校講師、小林央容疑者を逮捕した。(産経新聞)