車の中に大麻を隠し持っていたとして、29歳の中野市の男性職員が警察に逮捕されました。
調べに対し、職員は容疑を認めているということです。
逮捕されたのは中野市職員で須坂市に住む小松慎容疑者(29)です。
警察によりますと、今月8日、中野市で交通整理中の警察官が職員が乗る車を停めて職務質問したところ、車の中から乾燥大麻およそ1.4gが見つかり、職員は大麻取締法違反の疑いでその場で逮捕されました。
調べに対し、職員は大麻を所持していたことを認めていて、警察によりますと、職員の自宅からは大麻のようなものが見つかっているということです。
警察は入手した経路など詳しい経緯を調べています。(21/10/28 NHK)
中野市のひらおか保育園に勤務する保育士の男が大麻を所持した疑いで逮捕され、市が謝罪しました。
大麻取締法違反の疑いできょうまでに逮捕されたのは、須坂市塩川の保育士・小松慎容疑者29歳です。
中野警察署によりますと、小松容疑者は今月8日、中野市吉田の路上に止めた車の中で、乾燥大麻およそ1.4グラムを所持した疑いがもたれています。
近くで起きた事故の交通整理をしていた警察官が、小松容疑者の車から大麻特有の臭いがしていることに気が付き、職務質問をしたところ所持がわかったため、その場で逮捕しました。
小松容疑者は去年4月から中野市のひらおか保育園に勤務し、年少のクラスを担当していました。(SBC)