昨年9月、千葉県大網白里市内の路上で女性の身体を触ったなどとして、県警東金署は1日、県迷惑防止条例違反(痴漢)の疑いで、同市仏島の県立高校教諭、高木大地容疑者(29)を逮捕した。
容疑を認めている。
逮捕容疑は、昨年9月27日夜、同市内の路上で、県内居住の女性(当時39)に対し、身体を触るなどの痴漢行為をしたとしている。
同署によると、事件直後、被害女性から「不審者に後をつけられ、スカートをめくられた。何かが尻に触れた」と110番通報があった。
別事件の容疑者として高木容疑者が浮上し、任意で所持品を調べたところ、証拠が発見されたため、逮捕に至った。
県教委によると、高木容疑者は事件後も通常通り勤務していたという。(21/10/1 産経新聞)
高木容疑者は去年9月、JR大網駅近くの路上を歩いていた女性のスカートをめくり、下半身を触った疑いがもたれています。
女性が声を上げたため、高木容疑者はその場から逃走したということです。女性にけがはありませんでした。
高木容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察によりますと、別のわいせつ事件の捜査のなかでこの事件での高木容疑者の関与が浮上したということで、警察は余罪があるとみて調べています。(TBS)
高木容疑者は、別の性犯罪事件で容疑者として浮上していて、所持品の携帯電話を調べたところ、被害女性が写った犯行に及ぶ際の画像データなどが発見されたことから、逮捕に至った。(FNN)