勤務先の中学校のトイレで女子生徒を盗撮したとして、埼玉県警浦和東署は31日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)と建造物侵入の疑いで、同校の元非常勤講師で無職の難波幸風容疑者(25)=東京都足立区=を逮捕した。
容疑を認めているという。
逮捕容疑は4月26日、当時勤務していたさいたま市内の中学校の女子トイレに侵入、個室内に小型カメラを仕掛け、女子生徒1人を動画撮影したとしている。
難波容疑者は8月上旬に自己都合退職した。
署によると、4月26日にトイレを利用しようとした別の女子生徒がカメラに気づき、学校が署に届けた。
署が映像を精査したところ、容疑者の特定につながる動画が確認されたという。
被害者以外の複数の女子生徒の姿も映っていた。(21/8/31 産経新聞)
カメラには数人の女子生徒が写っていた。同日昼ごろ、女子生徒がカメラを発見し、学校が浦和東署に通報。防犯カメラや関係者への聴取などから、男の関与が浮上した。
男は「女子トイレに盗撮用のカメラ3個を設置した」と容疑を認め、「中学生ぐらいの女の子に興味があった」と供述しているという。
浦和東署は自宅の家宅捜索を実施し、パソコンや携帯電話などを押収。余罪についても調べる。(埼玉新聞)