群馬県内の保育施設のトイレを盗撮したとして逮捕されていた施設の理事長について、前橋地検は17日付けで不起訴処分としました。
高崎市にある保育施設の理事長の男性(49)は、先月、施設の男女共用トイレに小型カメラを設置して20代の女性が着替える様子を盗撮した疑いで逮捕されていました。
この男性について、前橋地検は17日付けで不起訴処分としました。前橋地検は不起訴とした理由を明らかにしていません。(21/9/17 TBS)
群馬県内の保育施設のトイレを盗撮したとして、理事長の男が逮捕されました。
逮捕されたのは丸山香積容疑者(49)で、27日、群馬県高崎市の保育施設の男女共用トイレに小型カメラを設置して20代の女性2人が着替えている様子を盗撮した疑いがもたれています。
警察によりますと、丸山容疑者はこの保育施設の理事長で、防犯カメラには犯行前にトイレに入る姿が写っていたということです。
調べに対し、丸山容疑者は容疑を認めているということです。(21/8/29 TBS)
発表によると、男は27日午前9時50分から10時40分にかけて同市内の保育施設内の男女共用のトイレに小型カメラを仕掛け、20歳代の女性2人の着替えの様子を撮影した疑い。
容疑を認めている。(読売新聞)