知り合いの女性の自宅を覗くなど、つきまとい行為を繰り返したとしてストーカー規制法違反の疑いで逮捕された教師の男に対し、金沢簡易裁判所は罰金50万円の略式命令を出しました。
この事件は石川県野々市市に住む58歳の中学校教師の男が、6月5日から11日までの間、知り合いの30代女性の自宅で窓から覗いてスマホで撮影するなど、つきまとい行為を繰り返したとして、6月12日ストーカー規制法違反などの疑いで逮捕されたものです。
金沢区検察庁は2日、男を略式起訴し、金沢簡易裁判所は罰金50万円の略式命令を出しました。(21/7/2 石川テレビ)
女性の住宅の室内を覗き込み、スマートフォンで撮影するなどのストーカー行為を繰り返したとして、警察は石川県白山市の中学校の58歳の教諭の男を逮捕しました。
ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは、白山市内の中学校教諭で、野々市市に住む織田 勇一容疑者(58)です。
織田容疑者は今月5日から11日にかけて、知人の30代女性の自宅の敷地内に侵入し、窓から室内をのぞきこんだうえ、スマートフォンで撮影したとして、ストーカー行為を繰り返した疑いがもたれています。
女性から不審者がいるとの相談を受けていた警察が周辺を捜査していたところ、11日午後10時ごろに女性の自宅近くで織田容疑者を発見しました。
調べに対し、織田容疑者は「私がしたことに間違いない」と容疑を認めているということです。(21/6/12 MRO)
白山署によると、織田容疑者と女性は知人。5月下旬から女性が住む集合住宅をのぞき込む不審者の情報が付近住民から寄せられていた。
署員が警戒に当たっていたところ、11日午後10時ごろ、窓から女性宅をうかがう同容疑者を発見。取り調べたところ、スマートフォンから室内を撮影した写真が確認された。女性は被害に気付いていなかったという。
同容疑者は「自分がしたことに間違いない」と容疑を認めている。同署は動機などを調べている。
光野中の若狭朋幸校長によると、織田容疑者は3年生を担任しており、勤務態度は良好で、生徒や保護者からの信頼も厚かったという。(北國新聞)