パチンコ店で女性のスカート内を盗撮したとして、福井県警福井署と県警少年女性安全課は6月9日、県迷惑防止条例違反(ひわいな行為)の疑いで、福井市の同市立小学校教諭の男(28)を再逮捕した。
同署によると、「パチンコ店に行ったかもしれない」と供述しているが、容疑については黙秘している。
再逮捕容疑は4月23日と同30日の午後7時台に、福井県内のパチンコ店で、それぞれ別の女性従業員のスカート下にカメラ機能付き電子機器を差し入れ盗撮した疑い。
同署によると、教諭は5月3日、同じパチンコ店で、盗撮目的で女性従業員のスカート下にカメラ機能付き電子機器を差し入れたとして現行犯逮捕され、「覚えがない」と容疑を否認していた。
逮捕後の捜査で、電子機器にスカート内の画像が見つかったことなどから今回の容疑が分かった。 (21/6/10 福井新聞)
パチンコ店で女性従業員のスカートの中を盗撮しようとしたとして、福井署は3日、福井県迷惑防止条例違反の疑いで、福井市、地方公務員加藤一歩容疑者(28)を現行犯逮捕した。
署によると、加藤容疑者は福井市内の学校に勤める教員。「盗撮した覚えはない」と容疑を否認している。
逮捕容疑は、3日午後4時50分ごろ、福井市内のパチンコ店で女性従業員のスカートの下にカメラ付きの携帯音楽プレーヤーを差し入れた疑い。
店にいた客が気付いて取り押さえ、パチンコ店の他の従業員が110番した。(21/5/3 共同)
盗撮目的で女性従業員のスカート下にカメラ機能付きの電子機器を差し入れた疑い。
福井署によると、容疑者の不審な行動を目撃した客が店員に伝え、店員が取り押さえた。(福井新聞)