大阪の中学校教諭が元交際相手の女性にストーカー行為をはたらいたとして逮捕されました。 ストーカー規制法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪府吹田市に住む茨木市立中学校の教諭・原田剣吾容疑者(26)です。原田容疑者は4月4日ごろから5日までの間、元交際相手の女性が住む神戸市内の集合住宅の駐車場で、待ち伏せするなどした疑いがもたれています。被害者の女性は3月末ごろから車に液体をかけられる被害を受けていて、警察に相談していたということです。警察の調べに対し原田容疑者は「たまたま会った」と容疑を一部否認しています。(21/4/7 ABC)
逮捕容疑は4月4~5日ごろまでの間、神戸市内の元交際相手の女性(26)の自宅近くの駐車場で待ち伏せしたり、ポストにストローなどを突き刺した唐揚げを入れたりした疑い。
同署などの調べに「待ち伏せではなく、たまたま出会った」と容疑を一部否認しているという。
同署によると、女性が3月末に、「自分の車のフロントガラスに液体を掛けられたりしている」などと同署に相談していた。(神戸新聞)