伊丹市の小学校の元校長で、現在は教育委員会の非常勤職員の男が、SNSで知り合った女子高校生に現金を払ってわいせつな行為をしたなどとして、児童買春などの疑いで大阪府警に逮捕されました。
逮捕されたのは、伊丹市教育委員会の非常勤職員、峰松誠治容疑者(62)です。
警察によりますと、峰松容疑者はSNSで知り合った当時高校生の女性に現金1万5000円を支払い、去年9月から11月にかけて、複数回にわたり、大阪市内のホテルでわいせつな行為をしたとして、児童買春の疑いが持たれています。
また、SNSを通じて入手した別の女性の裸の画像3点を5000円で販売した疑いも持たれています。
警察の調べに対し、児童買春について「相手が18歳未満だとは知らなかった」などと容疑を一部否認し、画像の販売については認めているということです。
伊丹市教育委員会によりますと、峰松容疑者は市内の小学校の校長や、幼稚園の園長を務めたあと、去年4月からは教育委員会の非常勤の学習指導員として不登校の子どもなどに対する登校や自立の支援を行っていたということです。(21/3/30 NHK)
逮捕容疑は、昨年9月中旬~11月下旬の間、大阪市内のホテルで、SNSで知り合った府内の高校生(当時)が18歳未満と知りながら現金1万5千円を渡して児童買春したとしている。
このほか、同年8月下旬、SNSで中学生を自称する相手から入手したわいせつ画像を、女性になりすまして3点5千円相当でインターネット上で販売したとしている。同署が画像販売を発見し、容疑者として浮上した。
伊丹市によると、峰松容疑者は公立小学校で教諭、校長を務め一昨年3月に定年退職。市立幼稚園長を経て昨年4月から非常勤職員として総合教育センターで不登校の子供たちの指導を担当していた。(産経新聞)
同市によると、男性は昨年8月から9月、SNSやインターネット上で入手したわいせつ画像の販売を繰り返し、同年6~12月には、SNSなどで知り合った女性2人と買春行為をしていたという。
今月11日に警察から任意同行を求められ、12日に本人が自主的に報告して発覚したという。(神戸新聞)