自宅に覚醒剤を隠し持っていたとして逮捕された札幌市の小学校の元教諭について、検察は31日付けで不起訴にしました。
札幌市の小学校に勤務していた50代の元教諭は、自宅に覚醒剤およそ0.1グラムを隠し持っていたとして、覚醒剤取締法違反の疑いで3月、逮捕されていました。
札幌地方検察庁が捜査を進めた結果、31日付けで元教諭を不起訴にしました。
関係者などによりますと、起訴猶予とみられています。(21/3/31 NHK)
自宅で覚醒剤約0.1グラムを所持していたとして2月16日に逮捕された小学校教師が、3月29日付で免職の懲戒処分となりました。
懲戒免職処分となったのは、札幌市立篠路西小学校の教師、小松光利容疑者(57)です。小松容疑者は、自宅で覚醒剤約0.1グラムを所持していたとして、覚せい剤取締法違反の疑いで2月16日に逮捕、翌17日に送検されています。
2月8日、警察が小松容疑者の自宅を家宅捜索したところ寝室から覚醒剤が見つかり、「1か月くらい前に使った」などと使用をほのめかしていました。これを受け札幌市教育委員会は、3月29日付で小松容疑者を免職の懲戒処分としました。
小松容疑者は、穏やかな性格で勤務態度に問題はなかったということです。(21/3/29 UHB)
自宅で覚せい剤を所持したとして、北海道警小樽署は16日、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で、札幌市立篠路西小学校の教諭小松光利容疑者(57)=札幌市北区=を逮捕した。
逮捕容疑は8日、自宅の寝室で覚せい剤約0.1グラムを所持した疑い。
同署が入手先などを捜査している。認否は明らかにしていない。(21/2/16 時事通信)
警察によりますと、小松容疑者は勤務先の小学校で1年生のクラス担任をしているということです。
警察が入手先などをさらに調べています。(NHK)