熊本地方検察庁は、勤務する県北部の小学校で、女子児童のスカートに手を入れてわいせつな行為をしようとしたとして今月再逮捕されていた小学校教諭の坂梨恭彦被告(57)を不起訴処分としました。
検察は不起訴の理由を明らかにしていません。
坂梨被告は再逮捕された時、警察の調べに対して「触れたのは間違いないが、性的意図はなかった」と容疑を一部否認していました。
なお坂梨被告は、別の女子児童に対する強制わいせつの罪で今月起訴されています。(21/2/26 RKK)
女子児童にわいせつな行為をしようとしたとして、小学校教諭の男が15日再逮捕されました。
強制わいせつ未遂の疑いで再逮捕されたのは、熊本市北区に住む小学校教諭、坂梨恭彦容疑者です。
坂梨容疑者は昨年度勤務する県北部の小学校で女子児童のスカートに手を入れて、わいせつな行為をしようとした疑いが持たれています。
警察によりますと、女子児童が抵抗したことでわいせつ行為が未遂に終わったということです。
警察の調べに対し坂梨容疑者は「触れたのは間違いないが、性的意図はなかった」と容疑を一部否認しているということです。
坂梨容疑者は、別の女子児童に対する強制わいせつの罪で15日起訴されていて、警察は他にも余罪がないか調べています。(21/2/15 RKK)
発表によると、男は2019年4月頃~20年3月頃、県内で女児のスカートの中に手を入れようとした疑い。「触れたのは事実だが性的意図はない」と供述しているという。(読売新聞)
勤務先の小学校に通う女子児童にわいせつな行為をしたとして、熊本県警菊池署は25日、強制わいせつ容疑で、熊本市北区の菊池市立小学校教諭、坂梨恭彦容疑者を逮捕した。
逮捕容疑は1月中旬、校内で女子児童の胸を触るなどした疑い。当時は授業時間外で、児童は複数人でいたという。
翌日に児童の保護者から「子どもが先生から胸などを触られた」と110番があり発覚した。(21/1/25 産経新聞)
警察によりますと坂梨容疑者は、今月中旬、勤務する県北部の小学校の校舎内で女子児童の胸を触った疑いが持たれています。
この翌日、児童の保護者から「子どもが先生から胸を触られたと話している」と110番通報があり、事件が発覚しました。
警察の調べに対し、坂梨容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。(RKK)
菊池市教委によると、児童は被害の翌日、別の教諭に相談。学校側は事実関係を確認し、認めたため自宅待機させていた。教諭については、子どもや保護者から「スキンシップが行き過ぎている」という苦情が寄せられていたという。(熊本日日新聞)