覚醒剤を使用したとして、警視庁神田署が覚醒剤取締法違反の疑いで、埼玉県所沢市立柳瀬中学校の教諭柿沼信夫容疑者(52)=東京都練馬区=を逮捕していたことが18日、同署への取材で分かった。
神田署によると「体に注射した」と容疑を認め「両親が相次いで他界し寂しかった」と供述している。約2年前から休職していた。
同署は柿沼容疑者が覚醒剤を使用しているとの情報を得て、11月27日に自宅を家宅捜索。覚醒剤などは見つからなかったが尿鑑定で陽性反応が出たため、同日逮捕した。
逮捕容疑は11月中旬から27日、都内などで覚醒剤を使った疑い。(20/12/18 共同)
柿沼教諭は音楽を教えていましたが、2年前から病気で休職していて退職願いが出されていたということです。
逮捕後、市の教育委員会の聞き取りに対し、柿沼教諭は「両親やペットの犬が死んで1人になって寂しくなり、2年前から覚醒剤を始めた」と話したということです。(NHK)