石川県警は15日、県内の宿泊施設で13歳未満の女児に性的暴行をしたとして、同県小松市河田町の教諭、河合誠容疑者(34)を強制性交の疑いで逮捕した。
県教育委員会によると、県内の公立中に勤務している。県警によると「間違いない」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、被害者の女児が13歳未満だと知りながら、11日午後に宿泊施設で性的暴行をした疑い。
県警によると、河合容疑者は14日、勤務先の校長に同行されて県警を訪れ、女児に性的暴行をしたと申告した。(20/10/15 共同)
13歳未満と知りながら10代の少女に暴行を加えたとして、加賀市立山中中学校の教師が逮捕されました。
強制性交等の疑いで逮捕されたのは加賀市立山中中学校の教師・河合誠容疑者です。
調べによりますと、河合容疑者は10月11日、県内の宿泊施設で13歳未満と知りながら10代の少女に暴行を加えた疑いがもたれています。
その後、河合容疑者は勤め先の山中中学校の校長とともに県内の警察署を訪れ、犯行を申告しました。
河合容疑者は調べに対し「間違いありません」と容疑を認めています。(石川テレビ)