警視庁五日市署は15日、勤務先の東京都あきる野市立増戸小で児童3人の上履きを隠し、使用できないようにしたとして、器物損壊の疑いで、教諭の井上浩一容疑者(38)=東京都日野市=を再逮捕した。
署によると「心当たりはない」と容疑を否認している。
同校では約3年前からリコーダーなどの紛失、落書きといった被害が約100件発生。署が関連を調べている。
再逮捕容疑は昨年5月~今年6月ごろ、げた箱にあった上履き三つを隠した疑い。署が井上容疑者のロッカーを調べ発見した。
署は同校から相談を受け、防犯カメラ映像などから浮かんだ井上容疑者を9月26日に器物損壊容疑で逮捕した。(20/10/15 共同)
教諭は別の児童の防災ずきんに「しね」と落書きしたなどとして先月、逮捕されていて、警視庁がロッカーを捜索したところ、児童の上履きが見つかったということです。
調べに対し、「心当たりがない」と容疑を否認しているということですが、防災ずきんへの落書きについては認め、「ほかの教諭に対する不満があり、憂さ晴らしのためにやった。児童には申し訳ないことをした」と供述しているということです。
この小学校では、教諭が着任した3年前から児童の持ち物がなくなったり落書きされたりする被害がおよそ100件相次いでいるということで、警視庁が関連を調べています。(NHK)
逮捕された男は生徒から評判がよく、人気がある先生でした。
卒業生:「好かれている先生で、顔が格好良いので生徒から人気があって評判よくて。見本の先生みたいな感じ。(逮捕を聞いて)まじかみたいな」
あきる野市立増戸小学校の教師・井上浩一容疑者(38)は学校の児童3人の上履きを隠した疑いが持たれています。
その後の警視庁への取材で、井上容疑者が「同僚は仕事をしていない」と仕事への不満を話していることが分かりました。そのうえで、容疑については否認しています。(20/10/16 ANN)