兵庫県教育委員会は22日、女子高生の自宅に無断で入ったとして住居侵入の疑いで逮捕、起訴された宝塚市立小学校教諭の男(57)=公判中=を懲戒免職にした、と発表した。
男は7年前から子ども向けのゴルフスクールを経営し、女子高生はレッスン生だった。
男は昨年8月に女子高生宅に無断で侵入したとして、住居侵入の疑いで宝塚署に逮捕された。
後の県教委の調査で、2014年5月から逮捕されるまで、同市内の商業施設の一角でゴルフスクールを経営していたことが発覚。多いときで約50人のレッスン生がおり、最高で1人1万8千円の月謝を得ていたという。
県教委は、副業を原則禁じる地方公務員法にも違反するとして、最も重い免職処分とした。男は「社会教育の一環で、赤字経営だった。大きな事件に発展してしまい深く反省している」と話しているという。(21/2/22 神戸新聞)
男性教諭は県教委の聞き取りに対し、「女子高校生に似た人がふらつきながら走っているのを見かけて、心配になり自宅まで見に行った。(玄関の鍵が)開いていたから入った」などと話していたが、女子生徒は「勝手に(男性教諭に)合鍵を作られていた」と説明したという。
女子高校生の母親が宝塚警察署に被害届を提出。男は10月2日に住居侵入容疑で逮捕された(のちに神戸地検が起訴)。捜査関係者によると、男性教諭は逮捕時、プロゴルファーを名乗っていたという。
職務専念義務のある地方公務員は法律で営利目的の兼業を禁じられているが、男性教諭は「営利目的ではなく、社会教育の一環としてやっていた」などと話しているという。
営利目的でなくとも学校長や市教委に届け出が必要だが、いずれも把握していなかった。
男性教諭の主宰するゴルフスクールには多い時で50人近いレッスン生がおり、1人あたり最大で1万8000円の月謝を徴収していた。(ラジオ関西)
発表によると、教諭は、送迎時に女子高生が車内に落とした鍵で合鍵を作り、昨年8月、宝塚市内の女子高生宅に侵入。夏休みで自宅にいた女子高生と鉢合わせになったという。
家族が宝塚署に被害届を出し、10月に逮捕、起訴された。
また、妊娠した40歳代女性職員に「何しにこの学校にきたんや」と言うなどのハラスメントを繰り返したとして、阪神地区の50歳代の中学校男性教諭を停職1か月とし、対応が不十分だったとして男性校長(57)も戒告にした。(読売新聞)
妊娠した後輩の女性教師に心ない言葉を浴びせたほか、腹を触ったり性的ないやがらせを繰り返したとして、兵庫県の50代の男性教師が停職処分を受けました。
兵庫県教育委員会によると、阪神地区の中学校に勤務する50代の男性教師は2018年、妊娠した40代の女性教師に「何しにこの学校に来たんや」と発言、臨月になった3カ月後には、腹部を触ったということです。
さらに産休が明けた2年後には、「お腹は元に戻ったのか」と言ってまた腹部を触り、さらに仕事の遅れを指摘する際には「ええ加減にせえ、パンツ脱がすぞ」との発言もありました。
また修学旅行先のホテルでは、この女性教師をベッドに寝かせ足に指圧ローラーを当てる行為もあり、不快に感じた女性教師が市教委に通報して発覚したということです。
県教委は、業務を教えるベテラン教師の立場を利用したセクシャルハラスメント・マタニティハラスメントと判断し、この男性教師を停職1カ月の懲戒処分としました。
男性教師は「ハラスメントに関する認識が甘かった。相手と適切な距離感を取っていると思っていた」と話しているということです。(関テレ)
開いた口が塞がらないのは、Bのハラスメントだけでなく上司の対応もだ。学校関係者が明かす。
「実はAさんは、それまでも校長に『ハラスメントを受けている』と相談していました。Bにされた行為の時期や内容まで説明したそうです。でも校長は何の対応も取りませんでした。面倒に思ったか、そもそも彼女の受けた行為がハラスメントに該当するという認識すら持てなかったか。いずれにしても管理職としてあるまじきことです」~
「そうした世間の感覚を率先して取り入れ、実践すべきなのが教育現場です。でも、実際にはハラスメントが今も横行し、周囲も見て見ぬふりが大半です。Aさんの訴えを受けた校長も『AさんはB教諭に仕事上でいろいろと面倒を見てもらっている関係だったのだから』と女性の訴えを無視し続けていました」(同前)~(3/2 週刊文春)
兵庫県警宝塚署は2日、同県宝塚市立逆瀬台小学校教諭、鈴木直行容疑者(57)を住居侵入の疑いで逮捕した。
容疑は、8月19日午前9時25分ごろから約10分間、市内のマンションの男性宅に侵入したとしている。容疑を認めているという。
同署によると、玄関そばの部屋にいたところを在宅していた娘の女子高校生に見つかり、「鍵をかけておいたら」と言って直後に立ち去った。
鈴木容疑者は約10年前から女子高校生にゴルフを教えていたという。
また、ゴルフ教室を開いていたという情報もあり、市教委は副業に当たるかどうか調べる。(20/10/2 毎日新聞)
「家の中に入ったことに間違いない」と容疑を認めているという。
同署によると、家にいた女子高校生が玄関で物音がしたため様子を見に行くと、部屋の中に男を発見。男は女子高校生に「鍵が開いていた。鍵かけときや」と告げ、立ち去ったという。
同署によると、男は市内のゴルフ教室でコーチをしているとみられ、10年ほど前から女子高生に指導しているという。母親とも面識があり、侵入した数日後に母親の携帯電話に「家に入った」とメッセージを送っていた。8月21日、母親が同署に被害届を提出。同署が侵入した動機や手口などを調べている。
宝塚市教育委員会によると、男の出勤簿には8月19日の朝から出勤していたと記録されており、同市教委が当日の男の行動を調べている。(神戸新聞)