千葉県教育委員会は、県内の公立の小中学校と高校の男性教職員あわせて5人を14日付けで懲戒免職にしたと発表しました。
このうち4人は児童や生徒へのわいせつ行為などで処分されていて、北西部にある中学校の34歳の男性教員は先月、女子生徒を自分の車に乗せて都内に連れて行き、わいせつな行為をしたとして、
また、同じく北西部にある小学校の25歳の男性教諭は児童が利用する更衣室にスマートフォンを設置し、着替えの様子などを盗撮したということです。
さらに、我孫子市にある中学校の26歳の男性教諭は、女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、
市原市にある中学校の43歳の男性教諭 は以前勤務していた中学校の男子卒業生の服を脱がせて撮影したとして、それぞれ懲戒免職になりました。 (20/10/14 NHK)
商業施設内で女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、千葉県警流山署は18日、県迷惑防止条例違反(盗撮)の疑いで、同県我孫子市立中学校教諭の松下昂祐容疑者(26)を逮捕した。
「スカートの中を撮りたかった」と容疑を認めている。
逮捕容疑は、17日午後6時15分ごろ、流山市おおたかの森南の商業施設内で県内在住の女子高校生(17)の背後からスマートフォンを下に差し向けて、スカート内を撮影したとしている。
同署によると、買い物客から「不審者がいる」と報告を受けた商業施設が110番通報。駆け付けた署員が松下容疑者のスマートフォンを調べたところ、撮影した画像が見つかった。(20/9/18 産経新聞)
我孫子市教育委員会「真面目な勤務態度の教員だった」(TBS)
同署によると、同容疑者は靴の中にスマートフォンを仕込んでいた。
同署は常習的な盗撮の可能性もあるとみて調べる。(時事通信)