男性10人に対し、睡眠薬や酒を飲ませて眠らせる手口で性的暴行を繰り返した元中学教師の男に、懲役20年の判決が言い渡されました。
判決によりますと、大阪市立中学校の元教師・北條隆弘被告(42)は2017年、当時の自宅で男性(20代)に睡眠薬を飲ませ熟睡させたうえで、性的暴行を加えました。
北條被告は他にも同様の手口で10人の男性に対し性的暴行などを加えていて、これまでの裁判で起訴内容を認めていました。
判決で大阪地裁は「(北條被告は)写真撮影のモデルを依頼したいなどと言って自宅などに招いた被害者に酒や睡眠薬を飲ませ、性欲を満たすためにわいせつ行為をした。常習性が高く被害者の嫌悪感や精神的影響は極めて大きい」として、北條被告に懲役20年(求刑・懲役24年)を言い渡しました。(21/2/18 ABC)
大阪・同性愛者「昏睡レイプ」事件、被害者はSNSでおびき寄せた約300人!〈元中学教師と元USJ販売員の乱行現場と、おぞましすぎる性癖〉
「北條先生は道徳の授業を担当していました。まさか、あんな事件を起こす人に道徳を教わっていたなんて……」絶句しつつ語るのは、中学校教師をしていた容疑者の学校の生徒だ。
大阪府警住吉署は9月3日までに、準強制性交などの疑いで大阪市内の元中学校教師、北條隆弘容疑者~(20/9/15 週刊女性)
大阪市内の公立中学校の教師だった男ら2人が、SNSで誘い出した若い男性に睡眠薬を飲み物に混ぜて抵抗できない状態にしてわいせつな行為をしたとして逮捕されました。警察が確認した被害者は12人にのぼるということです。
逮捕されたのは、大阪市内の公立中学校の教師だった北條隆弘容疑者(42)と、知り合いで元会社員の矢上大助容疑者(44)です。
警察によりますと、2人はSNSで知り合った20代の男性を「学校の教材に使うスーツ姿の人物の写真を撮りたいのでモデルになってほしい」などといって自宅やホテルに誘い出したうえ飲み物に睡眠薬をまぜて抵抗できない状態にし、わいせつな行為をしたとして準強制わいせつの疑いが持たれています。
北條容疑者の自宅からはわいせつ行為を記録したSDカードが見つかり、現職の教師だった去年3月までの2年間に、あわせて12人の被害者が確認されたということで、警察は3日までに捜査結果をまとめて検察に送りました。
警察は2人の認否を明らかにしていません。(20/9/3 NHK)
SNSで知り合った複数の男性に睡眠薬を飲ませ、性的暴行などわいせつな行為をしたとして、大阪府警は3日までに、準強制性交などの疑いで、住所不定の元大阪市立中教員北條隆弘容疑者=7月に懲戒免職=ら2人を逮捕、追送検し、捜査を終結した。(共同)
同署によると、2人は同性愛者が集まるインターネットの掲示板で知り合った。
犯行当時、北條容疑者は同市立中学の教諭で、SNSで好みの男性を物色。「学校の教材で結婚式などに出席する男性のスーツ姿を撮影したい」「現金1万円と飲食物を提供する」などとダイレクトメッセージを送っていたという。
逮捕、送検容疑は共謀し平成29年3月~昨年3月、同市内のホテルや当時の自宅などに計5人の20代男性をそれぞれ呼び出し、睡眠作用のある薬を混入した飲食物を摂取させ、性的暴行を加えるなどしたとしている。同署は認否を明らかにしていない。
同署によると、北條容疑者らは東京でも同様の犯行に及んでおり、警視庁が逮捕。パソコンなどから大量の写真や動画がみつかり、大阪での犯行も浮上したという。(産経新聞)
「8年ほど前に矢上容疑者が不眠症だといって、医者から睡眠薬を入手。それを使って、わいせつ行為の犯行をはじめた。それを北條容疑者に自慢すると『自分もやりたいから、10錠5000円で譲ってほしい』と睡眠薬を買い、犯行に及ぶようになった。
2人の性的な好みから、スーツ姿の若い男性と限定。中には、被害者の免許証など個人が特定できるものを映しながら、性行為している卑劣な動画も押収されている。
北條容疑者は、わざわざスマホ用の自撮り棒を使って、わいせつ行為を撮影していた。立件されているのは2017年から2019年までの犯行。しかし、実際にはもっと前からやっている」(捜査関係者)
こういう事件なので100人以上の被害者の中で被害届を出したのは9人しかいなかったという。
矢上容疑者は以前、埼玉県に在住していたこともあった。北條容疑者は募集後、上京して東京でホテルを借りて、犯行に及んだとされる。
北條容疑者は事件発覚まで大阪市内の中学校の教師として10年ほど教えていたが、大阪市は事件後に懲戒免職処分にした。数年前まで、北條容疑者と一緒に仕事をしていたという教師はこう話す。
「出身も大阪市内で、地元のことにも詳しく、教育熱心な先生で生徒からも慕われていた。確かに結婚している様子はなかったが、同性愛者というのは今回の報道で知りました。
今年1月、2月頃から急に学校に来なくなったそうで、体調が悪いのかと心配していたら、こんな事件を起こしていたと聞き、本当に驚くばかりです」(20/9/5 週刊朝日より)