ことし3月、神戸市のマンションの駐車場で、帰宅途中の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、神戸市内の中学校の臨時教員の男が強制わいせつの疑いで逮捕されました。
逮捕されたのは、神戸市内の公立中学校の臨時教員、平松将容疑者(23)です。
警察によりますと、ことし3月2日未明、帰宅途中の当時、中学3年生の女子生徒をマンションの駐車場に連れ込んで、キスをしたり身体を触ったりしたなどとして強制わいせつの疑いが持たれています。
女子生徒は前の日に神戸市内で行われたライブの帰りで、防犯カメラの映像などから平松容疑者が関わったことが分かったということです。
調べに対し、容疑を認めているということです。
ことし4月から、神戸市内の公立中学校で英語の臨時教員として勤務していて、神戸市教育委員会は「事実を確認して厳正に対処する」とコメントしています。(20/6/30 NHK)
逮捕容疑は3月2日午前0時半ごろ、神戸市内の駐車場で、面識のない中学3年の女子生徒にキスをしたり、胸を触ったりした疑い。容疑を認めているという。
同署によると、周辺の防犯カメラ映像から、男を特定したという。(神戸新聞)