公衆トイレで10代の少年にみだらな行為をしたとして、私立高校教諭の男が県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕されました。
捕まったのは、都城市都島町に住む、鹿児島県内の私立高校教諭 新納隆容疑者44歳です。
警察の調べによりますと、新納容疑者は、今月24日、宮崎県内の公園の公衆トイレで、少年が18歳未満であることを知りながら、みだらな行為をした県青少年健全育成条例違反の疑いです。
警察の調べに対して、新納容疑者は「トイレに連れ込んでみだらな行為をしたことは間違いない」と容疑を一部認めているということです。
新納容疑者と被害にあった少年は、面識はなく、今回の事件は、少年が都城警察署に被害を相談したことから発覚しました。(20/5/31 MRT)
新納容疑者は、2012年から県内の私立高校の教員として社会を担当(鹿児島テレビ)
尚志館高等学校