勤務先の大阪市立中学校で教え子の男子生徒の下半身を触ったとして、大阪府警は16日、池田明喜広(あきひろ)元講師(36)=同市浪速区=を強制わいせつの疑いで書類送検し、発表した。
大阪市教育委員会は16日、9月25日付で元講師を懲戒免職処分にしていたと明らかにした。
阿倍野署によると、元講師は6月3日午後、教室に1人でいた男子生徒のズボンの中に手を入れ、下半身を触った疑いがある。
元講師は市教委に対し、「生徒が普段あまり反応を示さないので、下半身を触ったらどういう反応を示すのか見てみたかった」と説明したという。
元講師は昨年4月に常勤講師に採用され、今年4月からこの中学校で担任を務めていた。(19/12/16 朝日新聞)
勤務先の中学校で男子生徒の下半身を触ったとして、大阪府警阿倍野署は16日、強制わいせつの疑いで、大阪市立中学校の元常勤講師の男(36)を書類送検した。
「性的な好奇心で触ってしまった」と容疑を認めている。
書類送検容疑は6月3日午後、勤務していた中学校で、男子生徒のズボンに手を突っ込み、下半身を触るわいせつ行為をしたとしている。
男は当時、男子生徒がいる支援学級の担任を務めていた。
同署などによると、生徒の母親が学校に相談し事件が発覚。
男は9月に大阪市教育委員会から懲戒免職処分を受けているという。(産経新聞)