浜松市教育委員会は1日、勤務する中学校の体育館の男子トイレをスマートフォンで盗撮したとして、10月に県迷惑行為等防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕された柴田涼平教諭(29)を懲戒免職にしたと発表した。(19/11/4 毎日新聞)

浜松市の中学校のトイレで盗撮をした疑いで、教師の男が逮捕されました。
逮捕されたのは、浜松市内の中学校教師 柴田涼平容疑者で、24日夕方 学校の体育館の男子トイレでスマートフォン使って盗撮をした疑いです。
警察によりますと柴田容疑者は容疑を認め、スマートフォンには動画が残っていたということです。
警察は、余罪についても捜査しています。
この問題では、浜松市教育委員会の聞き取りで柴田容疑者は「生徒が用を足している姿を見たかった。20回ほど撮影した」と話していたということです。(19/10/26 テレビ静岡)
浜松市教育委員会は25日、市立中の20代男性教諭が同校体育館男子トイレ内の掃除用具室にスマートフォンを仕掛け、隣の個室トイレを盗撮していたと発表した。
教諭は市教委に対し、「3月から女子トイレも含めて20回程度撮影した」と認めているという。
市教委によると、24日夕、部活動後の生徒が個室トイレに入り、掃除用具室との壁の下の約10センチの隙間からスマホで盗撮されているのに気付き、他の教員に連絡した。
所有者を確認したところ、教諭のスマホと判明し、市教委は事情を聴いた。
スマホに保存された約30分間の動画には生徒の姿は写っていなかったが、教諭は生徒が用を足す姿を見たかったなどと説明した。
過去に市内のショッピングセンターでも男子トイレを盗撮したと話している。
ネットなど外部への動画の流出は否定したという。(静岡新聞)