女子中学生に裸の画像を撮影させ送らせたとして、県警は27日横浜市鶴見区に住む小学校教諭の男を逮捕しました。
児童ポルノ製造の疑いで逮捕されたのは、東京都の区立小学校の教諭、山際剛容疑者です。
県警によりますと、山際容疑者は、ことし5月から6月にかけてチャットアプリを通じて知り合った和歌山県の中学1年生の女子生徒に裸の写真5枚を撮影させた上で、自身のスマートフォンに送らせた疑いが持たれています。
調べに対し、山際容疑者は「中学生の女の子にラインで裸の画像を送らせたのは間違いない」と容疑を認めているということです。(19/8/28 テレビ神奈川)
SNSで知り合った中学1年の女子生徒に上半身裸の姿を撮影させたいわゆる「自画撮り」の画像をスマートフォンで送らせたとして、横浜市に住む34歳の小学校の教諭の男が児童ポルノ禁止法違反の疑いで警察に逮捕されました。
逮捕されたのは東京・渋谷区の区立小学校の教諭で、横浜市に住む山際剛容疑者(34)です。
警察によりますと、山際教諭はことし5月から6月にかけて、SNSで知り合った和歌山県に住む中学1年の女子生徒に上半身裸の姿を撮影させて、画像をスマートフォンで送らせたとして、児童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれています。
売春を持ちかけるようなSNSの書き込みについて、勤務先の校長から指摘を受けたのをきっかけにみずから警察署を訪れて、「SNSが乗っ取られたようだ」などと相談したということですが、その後の調べで乗っ取られた形跡はなく、教諭自身がわいせつな画像を送らせていたことが分かったということです。(NHK)