>栃木県警少年課と那須塩原署は8日、男性を脅して現金数百万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで、宇都宮市の無職少年(19)と、鹿沼市の会社員の少年(19)、県内在住の10代の少女の計3人を逮捕、宇都宮地検に送検したと明らかにした。
逮捕・送検容疑は、3人で共謀して1月中旬ごろ、那須塩原市の無職男性(26)=県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕後、釈放=から現金数百万円を脅し取ったとしている。
男性は臨時教員として那須塩原市の市立中学校に勤務していたが、元教え子の少女にみだらな行為をしたとして1月に逮捕され、その後、懲戒免職になった。
同署によると、元教え子の少女が知人を通じて知り合った少年2人と共謀し、男性に現金を要求した。
男性が逮捕後の取り調べで恐喝被害を受けたことを供述、県警が調べていた。(19/2/8 産経新聞)

>那須塩原市の公立中学校の26歳の臨時職員の男が、元教え子の少女に18才未満と知りながらみだらな行為をしたとして逮捕されたことを受け、市は31日付けで、この臨時職員を懲戒免職処分としました。
この臨時職員は先月、自宅で元教え子の10代の少女に18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたとして、栃木県の青少年健全育成条例違反の疑いで今月中旬、逮捕されました。(1/31 NHK)