>16歳の少女とのみだらな行為を撮影したとして、兵庫県警少年課と三田署は18日、児童買
春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、大阪府松原市、府立生野聴覚支援学校の前校長の男(59)=同法違反の罪で起訴=を再逮捕した。
再逮捕容疑は2018年12月21日午後、大阪市阿倍野区のカラオケ店で、18歳未満であることを知りながら、当時16歳の少女に現金1万1千円を渡してわいせつな行為をし、スマートフォンなどで撮影した疑い。
同署によると「弁護士に相談する」と認否を留保しているという。
少女とはSNSで知り合ったという。同容疑者は別の15歳、17歳の少女2人を買
春した容疑で逮捕され、今回で3人目。大阪府教育委員会は1月31日付で休職扱いにし処分は検討中という。(19/2/18 神戸新聞)

>大阪府立の聴覚支援学校の校長が去年9月、大阪市内のホテルで15歳の少女に現金を渡してわいせつな行為をしたとして、児童買
春の疑いで警察に逮捕されました。逮捕されたのは、大阪府立生野聴覚支援学校の校長の杉田宏容疑者(59)です。
兵庫県警察本部によりますと、杉田校長は去年9月、SNSを通じて知り合った15歳の少女に現金1万円を手渡して、大阪市北区のホテルでわいせつな行為をしたとして児童買
春の疑いが持たれています。警察は、SNSでのやり取りを知った少女の関係者からの相談を受けて捜査していましたが、容疑が固まったことから6日夜、杉田校長を逮捕しました。
調べに対して杉田校長は「間違いありません」と容疑を認めているということで、警察が詳しいいきさつを調べています。(19/1/7 NHK)

>杉田容疑者は去年9月、SNSで知り合った15歳の少女に1万円を払う約束をして大阪市北区のラブホテルでわいせつな行為をした児童買
春の疑いが持たれています。警察によると、少女の関係者が警察に相談したことで捜査が始まり、
防犯カメラや少女の携帯電話を調べるなどして杉田容疑者の犯行が発覚しました。(FNN)