>横浜市教育委員会は、電車内で痴漢をしたとして逮捕された市立小学校の男性教諭を、停職6カ月の懲戒処分にしたと発表しました。
停職6カ月の懲戒処分になったのは、横浜市立小学校に勤めていた28歳の男性教諭です。
横浜市教委などによりますと、男性教諭は去年12月、京急線の電車内で前に立っていた20代の女性の下半身を触ったとして県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されました。
その後、男性教諭は被害女性との示談が成立し、ことし1月、不起訴処分になりました。
市教委の調べに対し、男性教諭は「痴漢をするつもりはなかったが、手が当たったのは気付いていた」と話し、14日付けで依願退職したということです。(19/3/14 tvk)

>横浜市立小学校の教諭の男が18日朝電車内で25歳の女性に痴漢をした疑いで現行犯逮捕されました。
男は容疑を否認しているということです。
県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕されたのは横浜市立小学校の教諭望月翔容疑者27歳です。
県警によりますと望月容疑者は出勤途中の18日午前7時半過ぎ、京急線の電車内で前に立っていた25歳の女性の尻を触った疑いが持たれています。
女性は上大岡駅から横浜駅までのおよそ8分間に複数回触られたと感じ、その場で望月容疑者の腕をつかみ、横浜駅で駅員に連絡しました。
望月容疑者は調べに対し、「手やバッグが当たっただけで痴漢はしていない」などと容疑を否認しているということです。(18/12/18 tvk)

>望月容疑者は、18日午前8時前、上大岡駅と横浜駅の間を走行中の京急線の車内で、女性(25)の下半身を触った疑いが持たれています。
下半身を触られたことに気がついた女性が望月容疑者の腕をつかんで取り押さえ、女性から届け出を受けた横浜駅の駅員が警察に通報したということです。(TBS)