教え子だった男児11人の下半身を触り、その様子を撮影したとして、強制わいせつや児童買春・ポルノ禁止法違反などの罪に問われた元大阪市立小教諭、松井淳史被告(35)に大阪地裁は25日、懲役10年(求刑懲役11年)の判決を言い渡した。
認定されたわいせつ行為は約50件に上った。
大寄淳裁判長は判決理由で、小学校の教室や被告の自宅、卒業旅行と称して連れ出した旅先で、わいせつ行為をデジタルカメラで動画撮影し「卑劣で常習性は顕著だ」と指摘。
被告側は、児童から身体の悩みを相談されたことがきっかけで性的欲求はないと主張したが、大寄裁判長は「目隠しをさせた場合もあり、性的な意味があったことはあまりに明白。撮影の必要性もない」と退けた。
判決などによると、平成28年7月~30年5月、担任を受け持った当時8~13歳の男児ら11人の下半身を触るなどし、その様子を撮影してSDカードに保存するなどした。(19/6/25 産経新聞)
中学1年の男子生徒にわいせつな行為をしたとして逮捕・起訴された大阪市立の小学校教諭・松井淳史被告について、大阪市教育委員会は19日付けで懲戒免職としました。
起訴状などによりますと、松井被告は今年5月、中学1年の男子生徒をLINEで「アニメの音楽を携帯電話にダウンロードしてあげる」などと言って誘い出し、自宅で裸にして下半身を触るなどしたとされています。
松井被告は他にも複数の小中学生に対してわいせつな行為をしたとみられていて、警察は余罪についても調べています。(18/9/19 MBS)
松井被告は同市福島区の自宅で生徒の体を触ったなどとして6月に大阪府警に逮捕され、7月に起訴された。市教委に対し、わいせつな行為をしたことを認めたという。(共同)