>山梨県山梨市の職員不正採用事件で、受験者の関係者から賄賂を受け取ったとして、警視庁と山梨県警の合同捜査本部は21日、収賄容疑で前市長望月清賢容疑者(70)を再逮捕した。
「間違いありません」と容疑を認めているという。
また、贈賄容疑で公立中学校の校長萩原英男容疑者(57)と、同市の元収入役で住職の滝沢博道容疑者(73)を逮捕した。
同庁捜査2課は贈賄側の2人の認否を明らかにしていない。
逮捕容疑は2月上旬、特定の受験者について2016年度の職員採用試験で有利な取り扱いをする見返りとして、現金80万円を受け取った疑い。
同課によると、この受験者は試験に合格し、今春職員に採用された。
萩原容疑者はこの受験者の親族という。
望月容疑者は16年度の採用試験で、別の受験者の1次試験の得点を水増しした文書を作らせたなどとして、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で7日に逮捕された。
望月容疑者は13日付で辞職した。
望月容疑者をめぐっては、元妻が自ら社長を務める石材加工会社の事業資金名目で、現金計約3億7600万円をだまし取ったとして詐欺罪で起訴されている。
同課は、望月容疑者と贈賄側の関係や不正採用に至った経緯、他の受験者についても不正な取り扱いがなかったかなど、事件の全容解明を進める。(17/8/21 時事通信)

>警視庁は21日、山梨県甲州市立大和中学校校長、萩原英男容疑者と、知人で元山梨市収入役の住職、滝沢博道容疑者を贈賄容疑で逮捕した。
望月容疑者についても収賄容疑で再逮捕した。
発表などによると、萩原、滝沢両容疑者は今春採用の市職員採用試験で、萩原容疑者の息子が採用されるように便宜を図ってもらう趣旨で、今年2月上旬、望月容疑者に現金80万円を渡した疑い。望月容疑者は容疑を認めているという。(読売新聞)