>愛媛県教育委員会は13日、スーパーで清涼飲料水を箱ごと万引したとして、新居浜市立中学校の女性教諭(43)を停職6カ月の懲戒処分とした。
教諭は13日付で依願退職した。
県教委によると、女性教諭は3月、2度にわたり新居浜市内のスーパーで1.5リットルのペットボトル8本入りの箱と、睡眠改善薬を盗んだとして、窃盗の疑いで逮捕された。
4月、西条簡裁から罰金20万円の略式命令を受け、納付した。
新居浜市教委によると、教諭は以前から校長に「眠れない」などと体調不良を訴えていたという。(16/5/13 産経新聞)
>愛媛県警新居浜署は20日、スーパーで清涼飲料水を箱ごと万引したとして、窃盗の疑いで愛媛県新居浜市立泉川中教諭の鈴木佳代容疑者(43)を逮捕した。
逮捕容疑は20日午前11時ごろ、市内のスーパーで1.5Lペットボトル8本入りの箱と、睡眠改善薬3箱を盗んだ疑い。
同署によると、睡眠改善薬が無くなったことに気付いた店員が防犯カメラを確認したところ、鈴木容疑者とみられる女が清涼飲料水を箱ごとカートに載せて持ち出す様子が写っていた。
女はその後店内に戻り、同じ清涼飲料水を1箱購入したという。
スーパーからの通報を受けて、署員が市内のコンビニで鈴木容疑者を発見。
車内には清涼飲料水入りの2箱があり、かばんから睡眠改善薬の中身だけが見つかった。
市教育委員会によると、鈴木容疑者は校長に「眠れない」などと話していた。(3/20 共同)

>警察によると鈴木容疑者は、20日午前11時頃、新居浜市内のスーパーで睡眠改善薬とジュースおよそ7000円相当を盗んだ疑いが持たれていて、調べに対し容疑を認めているという。
鈴木容疑者は理科の教諭で、学校の説明によると、病気を理由におととし11月から去年7月まで学校を休んでいたが、復帰後は欠勤もなく、熱心に子供たちを指導していたという。(NNN)