>金沢市内の県立高校に勤務する男性教諭が、当時17歳の女子高校生に対し、わいせつな行為をしたとして、警察に逮捕されました。
児童福祉法違反の疑いで逮捕されたのは、金沢市内の県立高校に勤務する教諭で、金沢市小立野の山田裕之容疑者47歳です。
金沢中警察署によりますと、山田容疑者は、ことし2月下旬ごろ、富山県砺波市内のホテルで、当時17歳だった知り合いの女子高校生に対し、18歳未満と知りながらみだらな行為をした疑いがもたれています。
事件は、ことし7月、別の事件に対する警察の取り調べで発覚し、その後の裏付け捜査の結果、30日、山田容疑者を自宅で逮捕しました。
山田容疑者は「18歳未満と知っていた。わいせつな行為をしたことは間違いない」と容疑を認めているということです。(14/8/30 MRO)

>金沢中署によると、山田容疑者は女性と面識があった。
7月に石川県迷惑行為防止条例違反(盗
撮)容疑で逮捕された男の証言から発覚した。(共同)