>大阪市教委は14日、市立出来島小学校(西淀川区)の安好和彦教頭(53)が、管理していたPTA会費など計275万円を着服したと発表した。
安好教頭は5月、道交法違反(無免許運転)容疑で兵庫県警に逮捕(その後書類送検)され、平成20年8月と22年11月に無免許運転で摘発されていたことも発覚。
市教委の調査に、パチンコなどの浪費で消費者金融に480万円の借金があり「利息の返済に充てた」と話しているという。
市教委は全額を返還させ、業務上横領罪で大阪府警に告発する方針。
懲戒免職処分も検討する。
市教委によると、安好教頭は21年春から今年5月にかけ、保護者から集めた記念行事の積立金やPTA費などを着服。
領収書の一部を改竄する手口で隠蔽を図り、計5会計について虚偽の報告をしていたという。
>兵庫県警社署は23日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、大阪市立出来島小教頭の安好和彦容疑者(53=兵庫県西脇市)を現行犯逮捕した。
容疑を認めているという。(12/6/15 産経新聞)

>発表によると、安好教頭は同小に着任した09年春から今年5月にかけて、自身が管理していた銀行口座からPTA会費などを引き出していた。
一部については、領収書を改ざんするなどして虚偽の会計報告も行っていたという。(読売新聞)

逮捕容疑は23日午後11時ごろ、同県加東市下鴨川の県道で自家用車を無免許で運転した疑い。
社署によると、検問中の署員が職務質問し発覚。自宅に帰る途中だった。免許は失効していた。
大阪市教育委員会によると、安好容疑者は09年4月から、出来島小で教頭を務めている。(5/24 共同)