>京都府内の公立中学校勤務する33歳の男性教諭が、知り合いの女子生徒にわいせつな写真を撮影させ送らせたとして児童ポルノ禁止法の疑いできのう、逮捕されました。
逮捕されたのは府内の公立中学校教諭で亀岡市に住む中澤祐一容疑者(33歳)です。
警察によりますと中澤容疑者は去年4月、当時高校1年生だった顔見知りの女子生徒に18歳未満であることを知りながら、上半身の裸の写真を撮影させ、スマートフォンに送らせたとして児童ポルノ禁止法違反の疑いが持たれています。ことし3月、女子生徒と家族が警察に相談していました。
警察によりますと、中澤容疑者は女子生徒に好意を持っていたということで、「画像を送信させたことに間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察が押収した携帯電話には、複数のわいせつな画像が残っていたということで、詳しい調べを進めています。(19/5/10 KBS京都)
>警察によると、中澤容疑者は去年4月、元教え子の女子高校生に上半身裸の画像を撮影させ、自身の携帯電話に送信させた疑いがもたれている。
ことし3月に女子高校生と家族が警察に相談したことで事件が発覚した。
警察が押収した携帯電話には複数のわいせつな画像が残っていて、調べに対し中澤容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているという。(読売テレビ)